上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7回合戦 大友攻撃戦  参の巻  猛獣へ挑む! そして・・・・


『前回の北条戦の静けさに比べ、物々しいですな』

「ん。敵も味方も臨戦態勢じゃ」
「雷。承知しておろうな?」

『はっ、万事抜かりなく』
『殿・拙者・穴殿の3つを囮を出撃させ、その間にもみじ殿の草の者がかの城へ…』

「よし。もみじの間者の報告をまって一斉に攻めるぞ!」
「狙うは、猛獣本領のみじゃ!」

『はっ、したらば・・・・』


母衣武者が各陣所へ駆けてゆく・・・
各武将 猛獣本領へ向け 砲と騎馬部隊を潜ましている。


開戦の法螺が鳴る・・・・・・

囮の部隊が一斉に猛獣各本領へと10分弾を打ち込む。

少しして、もみじ殿の伝令が本陣へ駆け込んできた。
「申し上げます。猛獣本領の様子 以下の結果にございます!!」

ノック

「うん」

『『サッ』』
殿の軍配が前方へと振り下ろされた。 出撃である。
砲部隊に続き、騎馬部隊が 砂埃を上げ 猛獣本領へと襲い掛かる。

あたり一面霧がかかった様で見渡せない。
そして、大轟音が響き渡る。

敵の砲撃。そして 味方の砲撃。
間髪入れずに味方の騎馬攻撃と続く。


『砂埃と砲撃の煙で、全く見えぬは!』

勝鬨が上がる

『やったか!!』
『ん? 騎馬部隊の姿が見えぬ・・・ まさか・・・・』

「申し上げます!! お味方の砲 さらに 騎馬部隊 総崩れにござます!!!」

『なんと!! まさか・・・』

盟主砲攻撃



盟主馬攻撃









「申し上げます! お味方 砲1万超 騎馬については1.5万全滅にございます」

『ぬ・・・・・。 行かぬ・・・・』
『しかも、3万余の戦功までも与えてしもうた。 追撃は叶わぬな・・・ 完敗じゃ…』


『さすがでござるな・・・ 「隊長」殿・・・』


城からは、絶え間なく勝鬨があがる・・・


参の巻  猛獣へ挑む! そして・・・・(完)
-----------------------------------------------------------------

アホだな こんなに溶かして・・・って思った人は、情けの『ポチ』を!

戦国IXA・攻略ブログ
スポンサーサイト
第7回合戦 大友攻撃戦  弐の巻  白い猛獣を檻へ

--------- 船上----------

『これが海にございまるか。広うございまするな』
『甲斐では山しか拝めませぬ故、わくわくしますわい』

「ん。広いのぉ・・・もう少し楽しみたいところじゃが、もう時期豊後に到着じゃ」
「国東より上陸し宇佐周りにて、猛獣の本拠を一挙に囲むぞ。抜かりなきよう伝えい」

『はっ』


島津との覇権争いを制し、大友家は九州に君臨する大大名である。(史実とは逆ですね)
その大友家にあって、北西の地 別府・宇佐に居を構える『白い猛獣』は、大友筆頭である。

大友拠点である府内の北の要である別府・宇佐を治める『白い猛獣』を抑えることが、
我が軍への軍令であった。


『まずは、猛獣の本拠を囲むのじゃ』
『次に、配下の武将の居城も一挙に囲め!』




『陣張りは、順調じゃな』
『さて、明日からの戦。 どう料理してくれよう・・・』


近くにそびえる『侍大将』の居城には、『隊長』旗が見える。
そして、あたり一面に『熊』と『自由』の敵味方の旗指物が・・・・

『明日ですな・・・ 戦場にて・・・』



弐の巻  白い猛獣を檻へ (完)
戦国IXA・攻略ブログ

---------------------------------------------------
第7回合戦 大友攻撃戦  壱の巻  九州遠征

完敗を喫した北条との戦の後、我が城下は少しずつではあるが復旧してきている。
ただし、城の防御、所領の防御にて停滞(手痛い:ありたん ご指摘ありがとう^^;)敗北を喫したため、
兵は未だに回復していない。


『む・・・・ 兵が揃わぬのぉ・・・、攻防共に足りぬ』
『暫く平穏が続けばよいが…』


------ 城より 登城の太鼓が鳴る ---------

『ん? いかがしのか? 良き報せならばよりが…』


『いかがされました? 殿』

「うん。足利将軍家より九州(大友)征伐に加勢せよとの書状が参ったのじゃ」
『なんと! 甲斐の地より九州へ参れと・・・ 毛利/浅井/織田もおるではございませぬか』

「じゃが将軍家の仰せじゃ。仕方あるまい・・・」
『なんとも遠い・・・遠すぎまするぞぉ』

「ぐずぐず言っても仕方あるまい」
「かの地には、白い猛獣がおるそうな。それを退治したいものじゃ。鷹狩は飽きたわw」

『白い猛獣?でございまするか?』

「いかにも白い猛獣じゃ。おぬしは知らぬのか?」

『あっ、いやぁ~。 拙者にも知ったる者がおりまするが・・・』
『確か、白い猛獣の侍大将をしておるはずにて』

「誠か?」

『はい。とは言え 以前戦奉行による進軍停止令が出た折
 拙者の間者が、誤って白い猛獣のかの侍大将につなぎを付けたくらいにて・・・』

『その間者が、その侍大将の戦記に記録として残っておりまする』


「そうか。では詳しい情報は得てないのじゃな?」
『いかにも』


「まぁよい。正面から挑むまでじゃ」

「出陣いたす!!」


壱の巻 九州遠征 (完)

戦国IXA・攻略ブログ
第6回合戦 北条防衛線  ~ 伍の巻 好敵手 ~

すでに 殿本領に布陣していた 零の陣は払われ、国元へ撤収を進めていた。

『殿 零の攻撃はやみましたな』

「うん。さすがにもう攻撃を仕掛けてくる余力はあるまい」



「申し上げます! 零より使者より書状が」

『何? 使者はだれぞ。 ビッグ殿の御使者でございまする』
『殿 書状にはなんと…』

「うん。 本日の合戦 お見事!! また 戦場にて・・・とな」

『さすがでござるな。 この先 幾度対戦するかはわかりませぬが、
 また、対戦したきお相手にございました。』

「好敵手じゃな。すがすがしい相手じゃった。」
「我らもかくありたいものじゃ」

『いかにも・・・・』

平穏が戻りつつあった・・・・・


~  伍の巻 好敵手 完  ~


---------------------------おまけ------------------------------

今期初めての盟主防衛戦でした。
めーこぶ様はじめ 『ゼロの迎撃』の皆様。
そして 自由への招待の面々 非常に楽しい盟主戦を有難うございました。

まだまだ兵隊が厳しい折に、激しい盟主戦でしたね。
いずれの皆様も 次戦に向け兵錬に励みましょう!!

参考までに・・・ 付け加えておきます。

盟主戦まとめ


戦国IXA・攻略ブログ
第6回合戦 北条防衛線  ~ 肆の巻 『零』を迎撃 ~

一度陥落した本領をどうにか奪還した雷。
なれど、すでに城は丸裸で『零』に包囲されている状態であった。

すでに自軍守備隊は、殿の本領へ出張っている。

『どうにか殿の城だけは守らねばなるまい』
『殿の城にはいかほどの兵が詰っておるのじゃ?』

「はっ、各武将より加勢が集まっており 30部隊以上は集まっているものと・・」

『む・・・ なればそう簡単には落ちまい。いや落とせまいの』





日が昇り、そして沈んでゆく・・・・

ここまで固いと、相手も手が出せまい。損害が多過ぎる。
勝敗はすでに決しており、むやみに兵は失ってはならぬ。(恐らく・・・)


殿よりも加勢は最小限にとどめ、各自所領・街道の修繕に努めよとの仰せが出ていた。

『殿。 したらば 拙者も所領に戻りまする』
『新兵種の威力を野武士攻めで確認しとうございすゆえ・・・』

「うん。ご苦労じゃったな。恐らく敵もわしの本領まではこれまいて。 安心せい」

『はっ、それではお暇仕る』


自領へと駒を進める。そこへ 早馬が・・・
「お待ちくだされ!! しばし お待ちを!!」

『いかがした?』

「はっ、北西の僻地の村に野武士が現れ、荒らしまわっている模様にございます」

『そうか。ふふふ・・・ したらば 例の部隊を試してみよ』
『ただし 馬からじゃぞ。 例のものはまだ量産できぬ故な』

「はっ」

しばらくして、感状が届いた。しかも 褒美の銭も届いた。
『上出来じゃ! 感状1枚に銭もいただいたわ』

『さて、本領の修繕・兵錬と忙しいわい。 かなりの兵を失ってしもうたからのぉ・・・』

駒はすでに自領内に入っていた。
そこへ、また 早馬が・・・・
「申し上げます!!  殿の本領 『零』の攻撃が開始されたとの知らせ!!」
「一刻も早く 加勢をとの仰せにございまする」

『なんと! 野武士退治の隙を突かれたか!』

まさかのために 1部隊は残していたが・・・

『殿 持ちこたえてくだされ!』
『こうしてはおれん 引き返すぞ!! 大返しじゃ!!』

既に攻撃は始まっていた。
我が主力が、殿本領に到着したのは 2次攻撃途中であった。

「おぉ 雷。 待っておったぞ!!」

『殿!! お味方はいかがでござる?』

「安ずるな! すでに返しの加勢がどんどん来ておるは! 負けぬは!」
「少々 危ぶまれた時もあったがの(笑)」
「露首領の軍が丁度間に合ったわ」

『おぉ、それは心強い!!』
『されば、戦目付の報告をお見せいただけませぬか?』

「うん。これじゃ。 上出来じゃ!!」

盟主攻撃一覧

盟主1

盟主2

盟主3

盟主4

盟主5

盟主6

盟主7

盟主8

盟主9

盟主10

盟主11


『おぉ、まさに上出来でございまするな』
『にしても、零の攻撃も激しいですな。 これほどまでに兵をつぎ込んでくるとは・・・』

「まさに筆頭にふさわしい攻撃じゃったな」


国として敗色濃厚ではあるが、居並ぶ武将の顔はいずれも誇らしげであった・・・


~ 肆の巻 『零』を迎撃 完~

戦国IXA・攻略ブログ
第6回合戦 北条防衛線  ~ 参の巻 『覇道 零』侵略 ~

早朝より雷城下はあわただしい。
物見によれば、零の武将は少なくとも7武将が我が城を囲んでいるという・・・

しかし、味方の陣も我が城を囲み、守備は万全であった。


『さて、攻めてくることは分かっておるが、いつ頃に参るのかのぉ…』
『不気味じゃ…』

『南東は攻めるが、慎重にせよと伝えよ。』

零の動きが定まらぬ状態では、攻めに出て城の防御が手薄になるのは冒険すぎる。


静かな開戦である。
いつもであれば、どの陣からも一斉に出陣の法螺と太鼓が鳴り響くのであるが、
どの軍も非常に慎重な出足であった。


開戦より間もなく伝令の母衣武者があわただしく出入りする。

『我が城下は、未だ大丈夫じゃが・・・』


「申し上げます!! ゆろる殿 ・ カムイ殿の城。早くも落城した由にございます」

『何? もう落ちたと申すのか?』

「はっ、零はお味方の城に多数の攻撃をだし、我が軍を攪乱しながら攻城戦をしておる様子」
「しかも、総攻めにて一挙に陥落させる力攻めにてございまする」

『む・・・』
(おぬしの兵など。。。。が頭をよぎる)
『さすがに天下に名を轟かす 北条の精鋭じゃ・・・ 油断は禁物じゃ』

『前線に伝令せよ。 一旦兵を引き、城を固めよとな』

----------------- 一刻が経った----------------------------

「申し上げます! お味方の城防衛陣 劣勢にございまする」

『是非もなしじゃ。これだけ本領に攪乱攻撃を受けると我が城を守ることに専念しようって』
『そろそろ わしの城も総攻めとなろうな。 覚悟を決めねばなるまい』


一斉に法螺と陣太鼓が鳴り響く。
『来たか!』

零の旗が津波の様に我が城へ押し寄せる
『山じゃ、山が動きよった!! これは 本攻めぞ!!』
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

本領陥落

一瞬であった。まさに疾風怒濤の攻撃・・・・
『見事に散ったわ・・・。 殿の城に馬を出せ。 申し訳ござらぬとな・・・』

ひとたまりもなかったわ・・・・



~ 参の巻 『覇道 零』侵略 完~

戦国IXA・攻略ブログ
第6回合戦 北条防衛線  ~ 弐の巻 『零』の旗印 ~

北条動く。その一報が飛び込んできた。進軍は速い。
関東に覇を唱えし北条の国力は、全国筆頭と言っても過言ではあるまい。

我が屋敷にも陣ぶれの早馬が届いた。

『さて、いずこより参るかのぉ・・・ 零は…』

これまでの経験では、三増峠を越え甲州街道沿い。すなわち南東が有力じゃが・・・
零は、侮れぬ。

箕輪・松井田方面(北東)より佐久平へ。一挙に南下ということも考えられるのぉ・・・

我が殿のおわす諏訪(北西)の地へ行軍を考えれば、北東方面からも充分に考えられよう。


『この戦、南東および北東に陣を伸ばせと伝えよ』
『後、各所領へも加勢陣を構えるように』


さぁ、陣ブレは終わった。いずこより現れるかじゃ。


「申し上げます!」
「草の者より、零の旗印多数 佐久平に布陣とのことにございます」

『数は!?』

「はっ、一挙に10名以上の武将が陣を構えておるとのことにございまする」


強力な北条の中に有って精鋭を誇るだけのことはある。
『さすがじゃ。一糸乱れぬ行軍。 陣構え。』

殿の言葉(おぬしの兵などひとたまりもないわ・・・・)が頭をよぎる。

「申し上げます!!」

『なんじゃ、せわしい奴よのう。 零が佐久平に布陣というのは先程聞いておるは!!』

「いえ、親方様。 外をご覧くださいませ」

『なんということじゃ、すでに城が囲まれておるではないか! 速い、速すぎる・・・』


『ん? 羊の旗印・・・まさか 零を率いるめーこぶ殿の旗印 これはまずい・・・』
『城を固めよ!! 松明を絶やすな!!』


松明に照らされた『雷』の旗印。 そして その先にはおびただしい『零』の旗が・・・・


~ 弐の巻 『零』の旗印 (完) ~

戦国IXA・攻略ブログ
第6回合戦 北条防衛線  ~ 壱の巻 忍び寄る脅威 そして・・ ~

前回合戦において、我が軍は後詰を仰せつかっておったことから
兵もかなり鍛えられておる。

武田伝統の赤備え、南蛮渡来の飛び道具を抱え騎乗する新兵器の準備も万端じゃ。


「しかしじゃ、雷よ。 次はそう簡単には参らぬぞ」

『何故に?でございまするか?』

「おぬしは後詰であった故に知るまい・・・・北条の強さを」

『殿(廃首領)が申されるのであれば・・・ですが』
『確かに、天下に聞こえし 『零』とか申す精鋭部隊がかなり手強いとの噂を耳にしてございまする』
『左様に強うございまするのか?』

「そうよ。雷の部隊などひとたまりもないわ(笑)」

『殿・・・ 老いぼれたとは言え、わしにも意地がござるぞ』

「よいよい。おぬしの兵は休養も充分じゃろう。槍働きを楽しみにしておるは」
「さて、わしは八幡にでもよっておみくじでも引いてくるわw ではの・・・」

『殿・・・散在はいけませぬぞぉ~』



む・・・・
左様に強いのか・・・我が兵が蹂躙されるというのか・・・
確かに我が家でのわしの兵は並以下ではあるが・・・

「申し上げます」

『いかがした?』

「これまで我が屋敷にて育成しておりました武将がことごとく消えましてございまする」

『なんと。いかがしたというのじゃ!』

「そっ、それは・・・ 親方様より他の武将強化にせよと・・・」

『いかにもじゃが。なればかなり強化されたであろう』

「それが・・・ ことごとく失敗の由にございまする」

『なんじゃとぉ! また あの戦奉行が憚りよったのか!』
『おのれ・・・ 北条という強敵が攻め入ってくるというに・・・』


~ 壱の巻 忍び寄る脅威 そして・・(完) ~

皆様の合成運があがりますように・・・・  な~む~


戦国IXA・攻略ブログ
2015.05.07 GW休暇・・・
ども^^;
GW休暇を頂き、しっかりと家族サービスしてきた雷です。

その間 強敵北条さんの攻撃戦だったのですが、わたすは憲法9条遵守ですたw

週末の合戦に向け、騎馬鉄量産中。
でも、突っ込むなんてできませんよw

攻撃兵しかいない・・・というのは内緒ww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。