上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
趣をちょっと変えてみます^^;


~ 第4回合戦 対 德川防衛戦  一の巻 風雲急を告げる ~

前回 駿河の地で暴れた武田家。
戦勝に沸く 甲斐の地に戻った後は平穏な日々が続く・・・


但し、我が首領(廃首領)は気を緩めることなく 先の戦で得た領地内に忍び小屋を設けていた。

『今年も桜が散ってしもうたわい。齢を重ねること●●年。
   早いもんじゃのぉ・・・・ 後何年(期)生きれるのであろうのぉ』


そこに、廃首領様からの使いの者が現れた。

『いかがした?』
 
「はっ。廃首領様よりの伝言でござる『急ぎ登城せよ』とのこと」

『む・・・、何やらよからぬことでも起こったのではあるまいか?』

「仔細は分かりませぬが、どうやら駿河にて兵糧の相場があがっているようで・・」

『何?戦になると申すか?』

「恐らく・・・・」

『これから田植えの時期と申すに、戦か・・・』
『あいわかった。』 
 


先の戦では、兼続殿率いる『葵と藤』 外骨殿率いる『ぽんぽこ』の所領などを
ことごとく蹂躙した武田である。

德川も黙ってはいまい。

『油断は禁物じゃな』

馬上でつぶやきながら、駒を躑躅ケ崎へ進めた・・・・


~ 第4回合戦 対 德川防衛戦  一の巻 風雲急を告げる 完~

戦国IXA・攻略ブログ
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。