上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回合戦 北条防衛線  ~ 参の巻 『覇道 零』侵略 ~

早朝より雷城下はあわただしい。
物見によれば、零の武将は少なくとも7武将が我が城を囲んでいるという・・・

しかし、味方の陣も我が城を囲み、守備は万全であった。


『さて、攻めてくることは分かっておるが、いつ頃に参るのかのぉ…』
『不気味じゃ…』

『南東は攻めるが、慎重にせよと伝えよ。』

零の動きが定まらぬ状態では、攻めに出て城の防御が手薄になるのは冒険すぎる。


静かな開戦である。
いつもであれば、どの陣からも一斉に出陣の法螺と太鼓が鳴り響くのであるが、
どの軍も非常に慎重な出足であった。


開戦より間もなく伝令の母衣武者があわただしく出入りする。

『我が城下は、未だ大丈夫じゃが・・・』


「申し上げます!! ゆろる殿 ・ カムイ殿の城。早くも落城した由にございます」

『何? もう落ちたと申すのか?』

「はっ、零はお味方の城に多数の攻撃をだし、我が軍を攪乱しながら攻城戦をしておる様子」
「しかも、総攻めにて一挙に陥落させる力攻めにてございまする」

『む・・・』
(おぬしの兵など。。。。が頭をよぎる)
『さすがに天下に名を轟かす 北条の精鋭じゃ・・・ 油断は禁物じゃ』

『前線に伝令せよ。 一旦兵を引き、城を固めよとな』

----------------- 一刻が経った----------------------------

「申し上げます! お味方の城防衛陣 劣勢にございまする」

『是非もなしじゃ。これだけ本領に攪乱攻撃を受けると我が城を守ることに専念しようって』
『そろそろ わしの城も総攻めとなろうな。 覚悟を決めねばなるまい』


一斉に法螺と陣太鼓が鳴り響く。
『来たか!』

零の旗が津波の様に我が城へ押し寄せる
『山じゃ、山が動きよった!! これは 本攻めぞ!!』
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

本領陥落

一瞬であった。まさに疾風怒濤の攻撃・・・・
『見事に散ったわ・・・。 殿の城に馬を出せ。 申し訳ござらぬとな・・・』

ひとたまりもなかったわ・・・・



~ 参の巻 『覇道 零』侵略 完~

戦国IXA・攻略ブログ
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。