上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7回合戦 大友攻撃戦  壱の巻  九州遠征

完敗を喫した北条との戦の後、我が城下は少しずつではあるが復旧してきている。
ただし、城の防御、所領の防御にて停滞(手痛い:ありたん ご指摘ありがとう^^;)敗北を喫したため、
兵は未だに回復していない。


『む・・・・ 兵が揃わぬのぉ・・・、攻防共に足りぬ』
『暫く平穏が続けばよいが…』


------ 城より 登城の太鼓が鳴る ---------

『ん? いかがしのか? 良き報せならばよりが…』


『いかがされました? 殿』

「うん。足利将軍家より九州(大友)征伐に加勢せよとの書状が参ったのじゃ」
『なんと! 甲斐の地より九州へ参れと・・・ 毛利/浅井/織田もおるではございませぬか』

「じゃが将軍家の仰せじゃ。仕方あるまい・・・」
『なんとも遠い・・・遠すぎまするぞぉ』

「ぐずぐず言っても仕方あるまい」
「かの地には、白い猛獣がおるそうな。それを退治したいものじゃ。鷹狩は飽きたわw」

『白い猛獣?でございまするか?』

「いかにも白い猛獣じゃ。おぬしは知らぬのか?」

『あっ、いやぁ~。 拙者にも知ったる者がおりまするが・・・』
『確か、白い猛獣の侍大将をしておるはずにて』

「誠か?」

『はい。とは言え 以前戦奉行による進軍停止令が出た折
 拙者の間者が、誤って白い猛獣のかの侍大将につなぎを付けたくらいにて・・・』

『その間者が、その侍大将の戦記に記録として残っておりまする』


「そうか。では詳しい情報は得てないのじゃな?」
『いかにも』


「まぁよい。正面から挑むまでじゃ」

「出陣いたす!!」


壱の巻 九州遠征 (完)

戦国IXA・攻略ブログ
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。